ラノベ

女装から始まるバンド活動。楽園への旋律を感じろ『楽園ノイズ』紹介

楽園ノイズ

目次

はじめに

こんにちは。
灰色ギツネは本を読むの時間です。

さて、皆さん。バンドっていいですよね……
大音響でかき鳴らされるエレキギター、力強いビートを響かせるドラム、縁の下で皆が歩みラインを刻むベース、そして情熱的に歌い上げるボーカル。
オタク界隈においても『けい〇ん!』に『バン〇リ!』などバンドを軸にした作品は常に人気を博しており、読者諸兄においてもそういうのに憧れて楽器を始めた人も多いのではないでしょうか?

そう、そしてバンドものが人気なのはラノベの世界においても変わりません。
今回紹介するのは、青春と情熱に溢れたそんな高校生バンドマン&ガールズの物語。
楽園ノイズ』というラノベです。

こちらは『神様のメモ帳』、『さよならピアノソナタ』などで有名な杉井光氏の最新作。
氏の豊富な音楽知識と激しくも繊細なタッチで描かれる音楽の煌めきは健在です。
さっそく概要を確認していきましょう。

『楽園ノイズ』解説

概要

楽園ノイズ

発売日:2020/5/9
ジャンル:青春、音楽、バンド
レーベル:電撃文庫
著者:杉井光(著作:神様のメモ帳さよならピアノソナタ他)
出典:https://www.amazon.co.jp

それでも音楽はまだ鳴り続けている気がした――あの日のあの場所で。

出来心で女装して演奏動画をネットにあげた僕は、謎の女子高生(男だけど)ネットミュージシャンとして一躍有名になってしまう。顔は出してないから大丈夫、と思いきや、高校の音楽教師・華園美沙緒先生に正体がバレてしまい、弱みを握られてこき使われる羽目に……
無味無臭だったはずの僕の高校生活は、華園先生を通じて巡り逢う三人の少女たち――ひねた天才ピアニストの凜子華道お姫様ドラマーの詩月不登校座敷童ヴォーカリストの朱音――によって騒がしく悩ましく彩られていく。

恋と青春とバンドに明け暮れる、ボーイ・ミーツ・ガールズ!

キャラクター紹介

楽園ノイズ
【村瀬真琴】
本作の主人公。再生数欲しさに女装して演奏動画をアップしたところ、高校の音楽教師『華園美沙緒』にバレて弱みを盾に便利屋としてこき使われるようになってしまった悲しき男。

【冴島凛子】
数年前まで天才ピアニストとしてコンクールを総なめしていた少女。今はコンクールには参加せず、自分の演奏も雑音が多くて貧層と卑下しており……

【百合坂詩月】
さる華道の家元の跡取りの少女。華道の腕前は非常に高く、超高校級の腕前を持つ一方、古今東西のドラム奏者に精通するハードパンチャーなドラマーでもある。

【宮藤朱音】
とあるライブハウスでヘルプとして活躍する少女。ありとあらゆる楽器を相手のレベルに合わせて弾くことができる凄腕の持ち主だが、いくつものバンドを潰してきたクラッシャーとしても有名。

【華園美沙緒】
主人公たちが通う高校の音楽教師を務める女性。いつもやる気のない物言いで主人公に授業を丸投げしたりしているが、教師として人を見る目は確かで主人公が女装して演奏動画を上げているのにもすぐに気づいた。

灰色ギツネの感想

――女装主人公ものって、どうして一番主人公が可愛いんですかね?
個人的な解釈としては、やはり主人公とは物語上出演する人物であり、一番出演する人物が一番かわいいと作者的にも嬉しいので主人公が一番可愛くなると思っています。
これがあっているかは知りませんが、もし私が女装主人公ものを書くとしたら、そういった理由で主人公を一番可愛く作ってしまう気がします。

……閑話休題。言うほど本作、主人公が女装しているシーンはありませんしね。
内容についての感想ですが、総括してしまえば、基本的にいつもの杉井さん節全開という形。いじられ役の主人公といじり役のヒロインの掛け合いはテンポが良く楽しい。音楽関係の描写は深い知識と繊細な感性に支えられ、1秒を10ページにするが如くに濃密です。

シナリオ面は過去作のさよならピアノソナタに近く、どこか問題を抱えた少女の心を主人公が音楽を通して溶かしていくという流れ。ある意味で言えばいつも通りの形だが、私を含めてこういうのが好みな人には強く刺さるでしょう。

『このライトノベルがすごい!2021』でも文庫本部門6位を取った本作、確実にお勧めできる作品なのでぜひ読んでみてください。

終わりに

以上、いかがだったでしょうか?

既に読まれた方は感想やご意見などをぜひ、ブログのコメント欄もしくは私のTwitterアカウントまでご共有ください。
良作は皆で語り合っていきましょう。

それではまた、次の作品で。

ABOUT ME
灰色ギツネ
灰色ギツネ
とあるエンタメ企業勤務のサラリーマン。 コンテンツクリエイターを目指して、色々模索中。 今はブログ執筆、小説執筆、動画作成などをしています。 Twitterをフォローしておくと 記事を見逃しません。 フォローは下の鳥ボタンから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です